丸の助通信 |

今年の花火大会は全く見えませんでした。

花火がドンと開くと煙も発生するわけで、風がないとその場に漂うわけです。それが何発も何発も繰り返されると煙は分厚い雲のような状態になってしまい、花火の上がるところいちめんを覆ってしまいます。そのような状態になってしまうと、それ以後上がる花火は雲に隠され、全く見えなくなってしまうのです。。

昔からだっけなー?昔はそんなに見えないなんて事、無かったような。最近多くなっているような気がするんです。煙に隠れて花火が見えなくなるのが。昨今の花火は煙を大量に発生させるのか、それとも、最近この時期、凪が多いのか。
うーん。

今年は花火大会の70年記念で、大玉70連発とかいうのをやりますと、しきりに宣伝していたので、わざわざ八幡宮(ここは海から遠いけどそこそこ見える地元民の観覧場所なんです)まで出張って行ったのに。あきらめて帰ってきてしまいました。


帰りがけにドンガラ、ドンガラと祭りの囃子が聞こえてきたので、荏柄天神を見やりますと、なにやらお祭りが。

この階段を上ると汗びっしょり。

ここからも花火見えないことはないのですが、やっぱり見えませんでしたね。



72402.jpg
奥の方でなんかやってましたが、

汗びっしょりで早くシャワーでも浴びたかったので、

そそくさと退散です。

Category : 日常のこと
Posted by 丸の助. on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。