丸の助通信 |

道後温泉

行ってきました。
夏目漱石の小説『坊つちやん』の舞台ともなり、愛媛県の代表的な観光地ですね。

本州(広島県)と四国(愛媛県)を結ぶ多々羅大橋。全長1,480 m。
完成当時は世界最長、今でも世界第5位の長さを誇ります。
このタイプは斜張橋といって、比較的大きな橋を作ることができます。
世界的にも美しい景観を備えているものが多いですね。


dg03.jpg道後温泉駅。

この右隣に坊っちゃん列車があるはずだったんですが。。。

復元された蒸気機関車なのですが、動力はディーゼル、煙突からの煙はダミーで発煙装置から出てくる水蒸気です。
うむむ。


dg01.jpg駅前にある坊ちゃん時計。

いわゆる、からくり時計でその時刻になると観光客が周りに詰めかけます。
平成6年作成のようですからそんなに古くは無いですね。
後ろは近代的なビルとマンションが迫ります。


dg04.jpg道後温泉本館。

旅館ではありません。温泉です。
いや名前がすごいですね。道後温泉○○屋とか道後温泉○○の湯とかじゃなくて、そのまんまをつけてます。

草津温泉本館とか下呂温泉本館とかあるのでしょうか?たぶん無いよなぁ~。
少なくとも箱根温泉本館はないと思う。
たぶん。

Category : 日常のこと
Posted by 丸の助. on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。