丸の助通信 |

飲食店は古民家ばっかり

実は、うん十年前まで北鎌倉に住んでいました。
当時は、駅前の玉子屋というスーパーとこれまた駅前にある大陸という中華屋くらいしか使えるお店はなかったですよ。
大陸はクーラーがなくて夏は暑くてたまりませんでした。何十年もたった今でもクーラーはありません。

さてさて、ひょんな事から元住んでいた家のそばに出来たというフレンチにおじゃますることになりました。
車ではよく通るのですが、電車で北鎌倉におり立つのは十年以上ぶりです。


古い家の建ち並ぶ小道を通って北鎌倉駅まで行って、そこから通学していた記憶がよみがえります。
で、かんしんのフレンチですが、「うわっ、あの家だったのか!」と。
元の家から歩いて1分ほど。通学途中の小汚い家が見事に変貌を遂げていました。



2016090502.jpg
入り口まわりも小ぎれいに。

古民家改造が今の鎌倉の流行のようです。

来るはずの台風は来なかったものの、早まったお客さんからのキャンセルが相次いだそうで、お店は貸し切り状態でした。


2016090503.jpg

一通り北鎌倉を散策した後、ちょっと気になるコーヒー屋さんへ。

2016090505.jpg
明月院そばの石かわ珈琲です。
カフェというより豆屋さんに喫茶スペースが併設された感じです。
こんな所にお店があるの?という感じの場所にひっそりと立っていますが、10席ほどしかないスペースにコーヒー好きが続々と訪れます。


2016090504.jpg
ここも古民家改造です。



2016090506.jpg
珈琲と定番のパウンドケーキ。




そうそう、一番の驚きは私が住んでいた古い家がレストランになっていたこと。
詳しくは言いません。

Category : 日常のこと
Posted by 丸の助. on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。